2018-06-21

「ジョブホッパーはキャリアビルダー」

IT業界のエンジニアは、転職をすることによって年収を上げるという目標を立てて行っていけば実現できることは多い。
通常の業界では、転職回数が多いジョブホッパーは疎まれてしまいがちだが、IT業界ではエンジニアの能力的な価値が高いことから状況が異なる。

現場で必要とされているスキルやキャリアがある人材だとわかれば、何度転職経験を持っていたとしても高待遇で採用してくれることが多いのである。
しかし、人材として必要とされているかどうかが大きな問題であり、漫然と転職をしていたのでは年収は上がらない。

それぞれの職場で新しいスキルを習得して成果を出すことが欠かせず、それを基にして次の職場を目指すということを繰り返していく必要があるだろう。
キャリアビルダーになって待遇を向上させられるかどうかを分ける重要な要素であり、必ず次の職場で受け入れてもらうという目標を立ててから職場を選ぶことが大切となる。

このような視点を持って転職をしているエンジニアは、各々の職場で確実にミッションに応えている。
また、転職活動もエージェントやスカウトを活用しながら積極的に行っている。

その結果として転職する度に年収を少しずつ上げていき、他のエンジニアよりも高待遇で働けるようになっているのである。
心構えをして自分を磨いていくことが、IT業界のエンジニアが業界特有のメリットを生かして年収を上げていくために必要だろう。

前職での経験を糧として、次なるステージへ上がるためには、転職活動は賢く進めなければならない。
ジョブホッパーに陥ってしまわないために、「http://jobhopperengineer-naranai.com」からキャリアアップの方法を学んでほしい。

2018年6月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

  • カテゴリーなし