2018-08-22

「ジョブホッパーはキャリアビルダー」

資格の取得は転職を行うときに重要な点だが、ジョブホッパーになると資格があっても不採用になることは稀ではない。
転職をしすぎてしまうとネガティブに捉えられてしまいがちだからであり、日本では特にその傾向が強いのは確かである。

ところが、IT業界ではエンジニアとして役立つ資格を取得したり、試験に合格して認定を受けたりすると採用してもらえることが多い。
実務経験がなければ採用しないという傾向もあまりなく、知識が十分にあって現場で実務ができるようになると期待できるなら採用するという企業が多いのである。

ジョブホッパーになって次の転職が難しいという状況になった人にとっては特に魅力が大きいだろう。
資格の取得には期間がかかりがちだが、その間にアルバイトをして予めIT関係の仕事に触れておくことも可能である。

エンジニアのサポートをする仕事では資格すらなくても採用してもらえることは稀ではない。
その経験があればさらに正社員として採用してもらうのも楽になるだろう。

ポテンシャル採用があり得るのはIT業界の特徴だが、他の業界に比べてもその割合が大きい。
アルバイトに至っては知識すらほとんどない状況でも採用してもらえることがあるのは魅力だろう。

少しでもエンジニアとして活躍できる要素を増やしておけば、それだけ受け入れてもらえる可能性が高い。
転職回数が多くても、キャリアを積み重ねているという意識を持っていると道は開けるだろう。

2018年8月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

  • カテゴリーなし